買い物

ロジクールキーボードG613を3ヶ月使ったレビュー【logicoolキーボード】

こんにちは!とも@tomounsoです。

みなさんはどんなキーボードをつかっていますか?

とも

私は打ち心地のいいキーボードにあこがれて、

メカニカルキーボードを購入しました。

購入から3ヶ月たちましたので、『ロジクールメカニカルキーボードG613』を使った感想と、

メカニカルキーボードを選ぶときに、注意したほうがいいことをまとめました!

メカニカルキーボードに興味がある方はぜひ参考にしてください。

この記事は次のような方が対象です

メカニカルキーボードの購入を検討している方

メカニカルキーボードを購入した理由

メカニカルキーボードを購入した理由はおもに2つです。

  • メンブレンキーボードの打ち心地が悪かった。
  • メカニカルキーボードの打ち心地に興味があった。

メカニカルキーボードは打ち心地がいいと聞いていましたので、ブログを書くモチベーションを上げるためもあって購入を決めました。

ロジクールメカニカルキーボードG613を購入した理由と外観

ロジクールメカニカルキーボードG613を購入した理由

ワイヤレス

マウスもキーボードも有線接続は嫌だったので、ワイヤレスであることを優先しました。

無線接続は遅延の問題があるためか、ワイヤレスのメカニカルキーボードは意外と種類が少ないようです。

ロジクールメカニカルキーボードG613は、

BluetoothとUSBレシーバーでの接続に対応しています。

価格

有名メーカーのメカニカルキーボードはとても高額なことがほとんどです。

ロジクールメカニカルキーボードG613は、購入当時9,799円でしたのでとてもお買い得に感じました。

パームレスト付き

同時に購入するつもりだったパームレストも付いていました。

別途購入すると2,000円ぐらいしますのでだいぶ違います。

テンキー付き

数字を入力しやすいようにテンキー付きを選びましたがこれが失敗でした。

重さ

使用中にずれるのが嫌だったので、ある程度の重さがあるものをさがしていました。

この商品のレビューに「重い」という表現をいくつか見かけました。

ロジクールメカニカルキーボードG613の外観

ロジクールメカニカルキーボードG613のパッケージ

ロジクールメカニカルキーボードG613の外箱。
ロジクールメカニカルキーボードG613のパッケージを開けたところ。

なかなか高級感のあるパッケージでした。

ロジクールメカニカルキーボードG613本体とおまけのスマホスタンド

ロジクールメカニカルキーボードG613本体。

裏面に高さ調節の足がついています。

パームレストは一体型で、取り外せません。

ロジクールメカニカルキーボードG613おまけのスマホスタンド。

おまけのスマホスタンドもしっかりしているので使用しています。

Bluetoothでスマホやタブレットにも接続できます。

ロジクールメカニカルキーボードG613を購入して良かった点

打ち心地がとても良い

ロジクールメカニカルキーボードG613の打ち心地はやはりとてもいいです。

これだけでも買って良かったと思います。

『しっかり打った』という音と感触が気持ちいい上に、『打ったのに入力されない』ということがありません。

おもっていたほど力も必要ないのは少し意外でした。

タッチタイピングがうまいわけではありませんが、誤入力は明らかに減りました。

実はしばらく使っているうちにテンキーがじゃまになり、マウスを操作する手首が痛く感じることがありました。

すぐにテンキーレスのワイヤレスメンブレンキーボードを購入し、使ってみたのですが、あまりの打ち心地の悪さにびっくりしてすぐG613にもどしました。

そのぐらい安価なメンブレンキーボードと、メカニカルキーボードの打ち心地は違います。

もちろん最小の指の力と動きで入力したい方にとっては、メンブレンキーボードのほうが使いやすい場合もあるでしょう。

あくまでも私にとって『きもちが良い』という意味です。

私の場合打ち心地がいいだけでなく、誤入力は明らかに減りました。

ワイヤレスでスマホやタブレットでも使える

遅延を心配しましたが、私が使う範囲では全く問題ありません。

ゲームを本気でやるわけでもないので、今後も問題になることはないとおもいます。

USBレシーバーでデスクトップPCと接続し、スマホとBluetooth接続して使っています。

切り替えはボタンひとつで簡単にできます。

価格が安い

打ち心地の良さは価格以上です。

10,000円以下で購入できたのでとても満足しています。

使ってみていろいろと好みがはっきりしてきたので、買い替えるならもう少し高価格でもいいと考えています。

安定感がある

重さがしっかりあるので使用中にずれることはまずありません。

使い方によってはデメリットになるくらい重いです。

メディアコントロールボタンが便利

購入前は意識していなかったのですが、音楽やビデオの再生・一時停止・スキップ・音量調節などをキーボード上から操作可能です

地味ですが便利な機能なので得した気分です。

ゲーミングキーボードなのでゲーム用の機能はほかにも豊富なようです。

ロジクールメカニカルキーボードG613を購入していまいちだった点

テンキーがじゃま

テンキーがここまでマウス操作のじゃまになると思っていませんでした。

数字入力が多い方や、マウスをあまり使わない方にはとてもいいキーボードだと思います。

私のブログの内容だとテンキーをほとんど使わず、マウスは多用するので完全に失敗でした。

パームレストが取り外せず全体がかなり大きい

パームレストは無くてもよかったかもしれません。

少なくとも取り外しはできたほうが机の上がスッキリします。

とにかく全体が大きすぎます。

音がうるさい

打鍵音はかなり大きいです。

集合住宅に住んでいるので深夜は少し気を使います。

まとめ

メカニカルキーボードのお試しという意味で、『ロジクールメカニカルキーボードG613』という選択は悪くなかったと感じています。

テンキーについては失敗しましたが、ロジクールのメカニカルキーボードの打ち心地はとても良く、ある程度の金額を投資する価値があるとわかったからです。

私が次に買い替えるときはテンキーレスの機種を選びます。

みなさんもメカニカルキーボードを購入の際は、とくにテンキーのあるなしや、打鍵音の大きさに注意してください。

以上『ロジクールメカニカルキーボードG613』を3ヶ月使用した感想でした。

この記事がみなさんの参考になればうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

※2020年8月16日追記

今買うならこの製品がほしいです。参考にしてください。

※2020年10月4日追記

先日秋葉原でいろいろなキーボードを実際に試し打ちしてみたところ、「Logicool G PRO X ゲーミングキーボード テンキーレス 有線 GXスイッチ クリッキー 日本語配列 」が最高の打ち心地で気に入りました。

先に上げた最新のG913は想像と違って私には合いませんでした。やはり人によって好みに差があるようです。

ロジクールマウスMX ANYWHERE 2Sを3ヶ月使ってみた感想【logicool】ロジクール(logicool)マウスMX ANYWHERE 2Sを使用して3ヶ月たちました。職場と家庭などで複数のパソコンを使用していて、持ち運びを想定している方には最高のマウスです。実際に使ってみた感想をまとめましたので、購入を考えている方はぜひ参考にしてください。 ...
トラックボールマウス『SW-M570』のレビュー(メリット・デメリット)【logicool】この記事では、ロジクール(logicool)トラックボールマウス『SW-M570』のレビューとトラックボールマウスのメリットとデメリットを解説します。 ...
マウスコンピューターでパソコンを購入した体験談【初めてのBTOにおすすめ】この記事では『初めてマウスコンピューターでBTOデスクトップパソコンを購入した体験談。』をお届けします。...
ニトリのデスクはPC作業におすすめ【リモートワーク環境を整える】とにかく安く、早く手に入るものをさがしたところ、ニトリの組み合わせデスクというシリーズが良さそうです。合計で5,600円ほどでしたが、組み立ては専用工具付きでとても簡単で、おもったよりつくりもしっかりしています。この価格でこの品質はちょっとびっくりです。...
青色申告は「クラウド会計freee」で簡単丨個人事業主におすすめ今年独立して個人事業主になられた方は確定申告の準備がちょっと心配じゃないですか?この記事では、私がChromebookとクラウド会計freeeを使って確定申告した体験談をご紹介します。...