【羽田空港第2ターミナル】5F展望デッキから、85mmの単焦点レンズで飛行機を撮影してみた丨散歩写真日記vol.129

当ページのリンクには広告が含まれています。
ANAの航空機

夏休みの羽田空港。

5F展望デッキから飛行機撮影を楽しみました。

目次

夏休みの羽田空港第2ターミナル

5F展望デッキから飛行機を撮影

ANAの航空機

見送りのついでに5F展望デッキから飛行機撮影を楽しみました。

本当は飛行機の撮影がメインだということは秘密。

駐機中ANAの航空機

羽田空港第2ターミナルは主にANAの航空機が発着しています。

私はANA以外の航空会社を利用した経験がほとんどありません。

ANAの航空機
遠くに東京ゲートブリッジが見える

そのためどちらかといえばJALよりもANAの方に愛着があります。

機体のデザインも青空によく似合うANAのほうが好みです。

駐機中ANAの航空機

この日は私が所有するレンズで最も望遠よりの85mm単焦点レンズを使用しました。

飛行機撮影には厳しい焦点距離と承知していますが、スポットに駐機中の機体なら十分撮影できました。

駐機中のANAの航空機

連日の猛暑で、滑走路周りでの作業は本当に厳しいと想像できます。

そんな厳しい環境でもキビキビと作業される方々がとても印象的でした。

滑走路上では少しの気の緩みが大事故につながってしまいまいます。

ANAの航空機

飛行機の撮影は初めてでしたが、すぐにとても楽しいと感じました。

次から次へと新しい被写体がやってくるので、無限にシャッターチャンスが訪れる感じです。

上昇中のJALの航空機

夢中で撮影しましたが、暑さが尋常ではなくすぐに汗だくになりました。

水分補給と休憩をしっかり取らなければ熱中症の危険があります。

夏場の撮影は気をつけてくださいね。

駐機中のANAの航空機と多数の自動車

望遠のズームレンズで撮影している方々は、日陰で待機しながら目当ての機材に絞って撮影している様子でした。

航空無線で把握しているのか時刻表のようなものがあるのかわかりませんが、とにかく無駄な動きがないように感じました。

この日は本当に望遠ズームレンズで撮影している方々が羨ましいと感じました。

駐機中のANAの航空機

超望遠ズームで飛行機を撮影したら楽しいでしょうね。

野鳥撮影をしている方々を水元公園でよく見かけるのですが、その時もいつも羨ましく感じます。

85mmの単焦点レンズでもこんなに楽しいのですから望遠ズームならなおさらですよね。

離陸中のAIR DOの航空機

小型の航空機は滑走距離が短いので、上昇中の機体を正面で撮影できました。

この写真はAIR DOの機体ですね。

離陸中のANAの航空機

もう少し大きい機材だと正面でこのくらいの高度。

離陸中のJALの航空機

JALの機材もたまに発着していました。

奥に東京ゲートブリッジや葛西臨海公園が見えていますね。

望遠レンズなら飛行機と絡めて撮影が楽しめるようです。

駐機中のANAの航空機と青空

この日は真夏らしい雲がたくさん出ていました。

空港は周りに高い建物がないので空だけ撮影しても楽しめそうです。

駐機中のANAの航空機

真下に駐機している機体はとてもよく見えます。

85mmの単焦点レンズだと大きすぎて画角に収まりません。

展望デッキの様子
5F展望デッキ

夏休みにもかかわらず、展望デッキは暑すぎるため子どもたちの姿はほとんど見かけません。

撮影の場所取りにも困りませんでした。

屋内展望フロア「FLIGHT DECK TOKYO」
屋内展望フロア「FLIGHT DECK TOKYO」

そのかわり屋内展望フロアは家族連れで大混雑。

窓越しに飛行機を撮影しようとすると、怪訝そうな顔で見られてしまったので無理はしませんでした。

屋内展望フロア「FLIGHT DECK TOKYO」
屋内展望フロア「FLIGHT DECK TOKYO」

2F出発ロビー

2F出発ロビー

出発ロビーはお盆休みを旅先で過ごす人々で混雑していました。

空港利用者数はコロナ禍以前の水準にほぼ戻ったようです。

2F出発ロビー

自由に旅行できるって本当に幸せなことですね。

私はこの夏は病院通いでどこにも旅行できませんでした。

2F出発ロビー

旅行はできませんでしたが、飛行機撮影を心から楽しむことができたのでよかった。

ANAの航空機

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次